TEL ]
03-5225-4080
お問い
合わせ

企業情報

経営理念

前⾝の株式会社⼤阪⼯営/輸⼊資材部⾨として始動して以来20余年、海外建材の黎明期から今⽇まで、当社の納材実績はすでに50,000件を超えるまでに⾄りました。主要な他産業に⽐べてグローバル化の遅れが指摘される⽇本の建材業界ですが、海外建材には国産建材では対応できない素材感や意匠性、多様性、そして割安感を追求できる可能性がまだ⼤きく残されています。

その価値と可能性を⾼めるために、私たちはお客さまに海外建材を安⼼・安全に使っていただくことを業務の最優先課題と考えてまいりました。現在も公的試験機関の検査やJAS規格への適合、独⾃調達ルールの設定などを通じて、海外建材に⽇本基準の品質・性能を付与する取り組みを続けております。

個⼈ユーザーや不特定多数向けのネット通販型ビジネスではなく、あくまでもB to Bに特化して、建築業界のお客さまとの対話を通じてベストな答えを提案していく課題解決型ビジネスが当社のスタイルです。海外の既成品でご満⾜いただけない場合には、お客さまのご要望と経済合理性に基づいて、セミオーダーやフルオーダーの特注品製作にも柔軟にご対応できるように努めております。

経済合理性に基づく”適材適床”の提案

私たちは、”安⼼・安全”という原則のもと、お客さまの経済合理性を精査しながら、海外建材の材料調達専⾨会社として「提案⼒」「確実性」「割安感」を追求してまいりました。お客さまと共に築き上げてきた確かな実績を糧に当社はこれからもお客さまのご信頼とご期待にお応えしてまいります。

  • 最適プランの提案

    私たちは、”安⼼・安全”という原則のもと、お客さまの経済合理性を精査しながら、海外建材の材料調達専⾨会社として「提案⼒」「確実性」「割安感」を追求してまいりました。お客さまと共に築き上げてきた確かな実績を糧に当社はこれからもお客さまのご信頼とご期待にお応えしてまいります。

  • 確実な建材の提供

    各種試験などを通じて検証した確かな品質の海外建材だけを選定
    公的試験機関による性能検査や⾃社試験、施⼯要領提案などに注⼒。⽇本の伝統的建築メソッドや許認可対応などにも留意した、きめ細やかな”ジャパニーズスタンダード”を満たす海外建材をお届けします。

  • 割安感の追求

    付加価値の⾼い海外建材を通じて国産にはない⾼い費⽤対効果を追求
    海外建材の優位性ともいえる品質や性能に対する割安感を重視。素材の良さやデザイン性、安定した性能を備えた付加価値の⾼い海外建材を、国産建材と⽐較してよりご納得いただける価格でご提供します。

代表メッセージ

私たちは海外建材調達に特化した専門商社です。

弊社は建材全般には広い知識や経験を持ち合わせておりませんが、創業以来20余年、海外木質系フローリングを中心とした狭い建材分野に特化し、その分野で多くの商品を取り扱い、多くの知識・経験、そして多くの実績を積み重ねてまいりました。弊社はこれからもこの狭い分野にこだわり続け、業界の皆様に安心して海外建材を選択肢に加えていただけるよう努めてまいります。

代表取締役 下元 宗郎

会社概要

会社名
株式会社東京⼯営
設⽴
2007年9⽉
所在地
〒112-0014 東京都⽂京区関⼝1-24-8 東宝江⼾川橋ビル9階
資本⾦
2,000万円
代表者
下元 宗郎
主要取扱品
海外建築材料の輸⼊販売
事業内容
⽊製フローリング・⽊製デッキ・⼈⼯⽊デッキ・⽊製⽻⽬板 ほか
取引銀⾏
みずほ銀⾏江⼾川橋⽀店商⼯中⾦本店
TEL / FAX
TEL.03-5225-4080 
FAX.03-5225-4081

沿 ⾰

2000年 4月
株式会社大阪工営の輸入資材部門として業務開始
2000年 10月
無垢フローリング取扱い開始
2007年 9月
新宿区中里町に株式会社東京工営を設立・営業開始
2012年 4月
人工木デッキ(バイタルデッキ)取扱い開始
2013年 6月
エコマーク認定(バイタルデッキ)取得
2013年 5月
複合フローリング取扱い開始
2013年 10月
オリナスタイル(現フローバータイル:ビニル製織物床シート)取扱い開始
2014年 8月
新宿区神楽坂に事務所移転/マテリアル・プレゼンテーションルーム”Regaro(レガロ)”開設
2015年 1月
EGシリーズ(床暖房対応複合フローリング)取扱い開始
2018年 1月
FSC®認証番号取得/PEFC認証番号取得
2018年 4月
外部用樹脂束(GTバイタル)取扱い開始
2019年 11月
文京区関口に事務所移転
2023年 3月
SDGsを宣言

SDGsの取り組み

東京⼯営は「持続可能な開発⽬標(SDGs)」の精神を企業活動に取り⼊れ、積極的な取り組みを通じて持続可能な社会の実現に貢献してまいります。

  • 15 陸の豊かさも守ろう

    15 陸の豊かさも守ろう

    ⽊製仕上材の売上に占めるFSC森林認証材の売上⾼⽐率向上

    2022年1% → 2030年15%

    FSC

    FSC®(森林管理協議会)
    認証番号:SGSHK-COC-350215
    Forest Stewardship Council® (FSC®:森林管理協議会)は、責任ある森林管理を世界に広めることを目的とする国際的な非営利団体です。

  • 12 つくる責任つかう責任

    12 つくる責任
    つかう責任

    持続可能な消費と⽣産を実践するため、海外仕⼊先および 国内協⼒会社と共同で廃材利⽤製品の売上⾼⽐率向上

    2022年10% → 2030年30%

  • 04 質の⾼い教育をみんなに

    04 質の⾼い教育を
    みんなに

    TOEIC600点以上2022年7⼈
    2030年15⼈
    商簿記3級資格保有者数2022年4⼈
    2030年8⼈

    ※2022年9⽉末現在従業員数21⼈

  • 08 働きがいも経済成⻑も

    08 働きがいも
    経済成⻑も

    ⽊製仕上材の売上に占めるFSC森林認証材の売上⾼⽐率向上

    2022年1% → 2030年15%

SUSTAINABLE DEVELOPMENT GOALS

SDGsとは

SDGs(Sustainable Development Goals:持続可能な開発⽬標)は、「誰⼀⼈取り残さない(leave no one behind)」持続可能でよりよい社会の実現を⽬指す世界共通の⽬標です。
2015年の国連サミットにおいて全ての加盟国が合意した「持続可能な開発のための2030アジェンダ」の中で掲げられました。
2030年を達成年限とし、17のゴールと169のターゲットから構成されています。

アクセス

〒112-0014 東京都⽂京区関⼝1-24-8 東宝江⼾川橋ビル9階
東京メトロ有楽町線江⼾川橋駅より徒歩3分